本文へスキップ

どうしようもなく歌が大好きで、その上お酒も大好きな 一ノ蔵男声合唱団

プロフィールprofile

組織・役員

役職 名前
団長 柿島 旭
副団長 矢原 昭人、 堀内 孝俊
指揮者 柿島 旭、 矢原 昭人、 井上 毅、 黒沢 良二、 清水 一成
ピアニスト  山ア 朱紀子、 小城 妙子、 関 しのぶ、 大林 緑、 大勝 あゆむ 
マネジャー  柿島 多恵子、 石井 史恵、 矢原 晶子 
 *この他に運営委員がいます。合唱団は運営委員会での協議に基づいて運営されています。
 

一ノ蔵男声合唱団あれこれ

はじまり

  1986年3月ハマ音の「木のぼりコンサート」の前身となる「謎のコンサート」が開かれ、これに男声合唱で参加した7名のうち5名で男声合唱団がスタートした。1988 9 月,大倉山記念館で開催されたコンサート“未知(道)との遭遇”に出演することになったがよちよち歩きの合唱団に名前がなかった。出演に当って「合唱団の名前をつけよう」ということになり,いつもの通り練習後の居酒屋「一ノ蔵」で命名のための会議を開催。いくつかの名前が出され,喧々諤々討議。そんな中で居酒屋の名前を借りて『一ノ蔵』はどうだろうとなり、店長にも了解を得てその場で「一ノ蔵男声合唱団」に決定した。

指揮者は団内指揮者

 一ノ蔵男声合唱団は創設以来団員の中から名乗りを上げた人が指揮者となって活動している。学生時代の合唱経験や職場合唱団の経験を活かして3〜4名の人が指揮を担当している。従って、指揮者も団の一員。これが一ノ蔵男声合唱団の大きな特徴の一つとも言える。団内指揮者と言えども歌づくりには妥協を許さず、団員に厳しい要求をしてくる。団員もこれに応え、レベルアップに励んでいる。是非、演奏会を聞いてもらいたい。

打ち上げパーティーはお客様とともに

 結成以来ハマ音の第九やサマーコンサートの合間を縫ってのんびり活動をしていた一ノ蔵男声合唱団も、1992年2月15名のメンバーで第一回演奏会を開催。友人・知人約70人に集まってもらい,途中休憩でお茶とお菓子を出し,「演奏を聞いていただく」というよりも「聞きに来て下さったみなさんも含めて楽しい会にしましょう」といったノリの演奏会だった。いまも演奏会のあとの打ち上げには聴きに来て下さったお客さまの中からも多くの方が参加(有料)して200名ほどの大パーティー。いまやこれが一ノ蔵男声合唱団の伝統になっている。

一ノ蔵ツアー

 「一ノ蔵男声合唱団」の名前が世間にほんの少し知れ渡るようになり,まわりから宮城県の「一ノ蔵」とはどういう関係ですか”と尋ねられることもしばしば。東北の銘酒,蔵元の名前を無断で使っているのはよろしくないのではないか,ということで蔵元に恐る恐る電話をかけ,事情を説明。蔵元から名前「一ノ蔵」の使用の承諾と合わせ,蔵見学にも是非来てくださいと快諾戴いた。お酒の好きな団員のこと、早速一ノ蔵訪問が企画され、1993年3月に第一回一ノ蔵ツアーが始まり、以来毎年出掛けている。第5回頃まで毎年行われていた演奏会もその後は1年半に1回となり、演奏会の数より、ツアーの数の方が多くなってしまった。

居酒屋「一の蔵

 練習後は、練習場所が何処であっても、みんないそいそと居酒屋一ノ蔵へ。JR 桜木町駅を降り,野毛地下道のエスカレータを上ると目の前にコンビニがあり,二軒先が居酒屋一ノ蔵だ。大提灯と3個の薦被りが目印。暖簾をくぐり,一番奥の大テーブルが定位置。酒は当然一ノ蔵で無鑑査超辛口黒ラベル一本槍。毎年の新年会から一升瓶をカウントして300 本に迫った年もある。こうして隔週土曜(練習日)の夜が更けていく。

静岡パパさんコーラスとの出会い

 1996年12 月に時事通信社の戸澤氏から当団の練習風景の取材を受けたことが きっかけです。翌年1 月の静岡新聞に掲載された「酒飲み仲間の合唱団」という記事を見たパパさんコーラスから交流の申し入れがあった。パパさんコーラスは1963 年に設立され,「日本のミッチ・ミラー合唱団」を目指す,力強いハーモニーを持つ合唱団です。両団には「お酒好き」「家族や仲間を大切にする」「海外演奏旅行」など共通点が多いことから交流が始まった。同年7 月にはパパさん一行がバスで横浜に乗り込み,居酒屋「一ノ蔵」で飲めや歌えの交流会が開催され、翌98 4 月には,静岡市のビアホール「ニューキラク」で2 回目の交流会が開かれた。以後,双方の演奏会はもとより,「竹の子掘り」(静岡)や「一蔵ツアー」(宮城)などに参加し合い,毎年交流を続けている。

海外演奏旅行

 1997年4月初めての海外演奏旅行。オーストリア・ブライテンブルン訪問。地元の合唱団ブライテンブルナーとの合同演奏会を開催。日本とオーストリア双方のアマチュア合唱団が自分たちの手作りで企画し,努力して実現した合唱を通じての草の根的国際交流となった。勿論、演奏会のあとは打ち上げ交流会。日本から持って行った“日本酒一蔵”で大いに盛り上がった。この演奏旅行は合唱団の団員・家族・知人などなど一ノ蔵男声合唱団を支えて下さっている関係者のいろいろな伝手を頼りに、現地のアマチュア合唱団を探して交信し、合同演奏会を開催するというその後の海外演奏旅行のパターンのモデルとなった。
 この海外演奏旅行は、2000年のイタリア北部の町クルゾーネ、2004年のカナダ・トロント、2005年の上海、2006年ソウルへと続きました。その後、合唱団の中核をなす若手団員も現役企業人として中堅の年齢となり、海外演奏旅行のための休暇が取りにくいなどで、しばらく中断していますが、今また新しい企画が持ち上がっています。

社会参加活動

 ひとりの団員を通じて横浜の老人保健施設「たかつ」から入所者向けイベントとして演奏をとの依頼があり、2000年5月に訪問コンサートを実施。演奏の後半でお馴染みの唱歌や歌謡曲をみなさんと一緒に歌うととても喜んで下さった。以来、この年は立て続けに地域の小学校夏祭り、団員地元の老人会などなど続いて参加。その後、社会参加優先か、練習優先かとの議論が出たりして喧々諤々。自分たちの好きな歌を歌って人々に喜んで頂けるなんてこんな嬉しいことはないが、その為にもしっかりと練習もしてと言うことで、今は年3箇所ほど病院・老人施設を訪問し、社会参加活動をしている。

一ノ蔵らしい演奏会の構成スタイルが

 2004年の第10回演奏会、2006年の第11回演奏会で、演奏会の3部構成によるスタイルが固まってきた。第1部が男声合唱定番の名曲集、第2部が日本民謡、お酒の歌、ミュージカルなどテーマに沿った歌で時には寸劇も、第3部は男声合唱の組曲(第9回から「雨」「中勘助」など多田作品を続けている)そしてAndMore。隔週土曜日の練習なので臨時練習を入れても年間30回足らずの練習だが、ヴォイス・トレーナーの先生などにも来て頂いて、かなりハモれるようになってきたのではと・・・・・。兎に角、演奏会では来て下さったお客様に気持ちよく男声合唱を楽しんで頂きたいとみんな頑張っている。

デューク・エイセスと合同演奏会

 当時一ノ蔵男声合唱団のサブ・マネジャーをして下さっていた女性が大のデューク・エイセスファンで、「デュークと一緒の舞台で歌いたい」との夢を実現するために合同演奏会を提案。ご自分でデューク・エイセスの了解を取り付けて、2007年8月実現の運びとなった。当日の横浜音楽堂はお客様で一杯、大盛況でした。演奏会後の打ち上げにデューク・エイセスのメンバーも参加し、大いに盛り上がった。デューク・エイセスと同じステージに立つことで、彼らのステージの雰囲気づくりを垣間見ることが出来、私たちにはとても良い勉強になった。

国内演奏旅行

 2008年6月、その年10月に行う第12回演奏会で「柳川風俗詩」を歌うということで、北原白秋の里・九州の柳川市に行くことになった。たまたま、一ノ蔵の団員だった人が実家の福岡に移り住んで地元の合唱団にいたことから、この機会に合同演奏会をということになり、福岡の2つの合唱団との合同演奏会が実現した。これをきっかけに、翌2009年には「あきたロシア音楽祭」に参加、2012年には「仙台男の合唱まつり」に参加した。

東日本大震災後の復興支援活動熊本地震にも

 あの東日本大震災が起こったのは2011年3月初旬第18回一ノ蔵ツアーから帰った直後のことだった。宮城県大崎市にある一ノ蔵本社蔵も被災した。ただ、海岸から離れた地域にあって津波の被害は受けずに済んた。同年11月落ち着いたところで私たち合唱団はお見舞いに一ノ蔵本社蔵を訪問。その折に近くで最も津波の被害の大きかった東松山市の被災地域を訪れ、その光景を見て声も出なかった。仮設住宅にも立ち寄りお話を聞かせて頂いた。
 以来、横浜のハマ音に関連するいくつかの合唱団と一緒になって「歌の絆の会」を立ち上げ、東松山市の仮設住宅自治会や中学校に私たちができる範囲の支援を始めた。多くのことは出来ないが、団員の311募金や演奏会の収益などから息の長い応援が出来ればと考えている。

一ノ蔵男声合唱団