本文へスキップ

どうしようもなく歌が大好きで、その上お酒も大好きな 一ノ蔵男声合唱団

これまでの活動report

 今年(2018年)の活動


○ ツアー25周年記念の第25回一ノ蔵ツアーが行われました
  
 2月24〜25日、団員、関係者、家族、応援隊など計35名の参加者を得て、
  本社蔵と東松島市の2カ所の災害復興住宅「あおい地区」「野蒜地区」を訪問し、
  それぞれでミニ・コンサートを行いました。
   本社蔵では、工場見学と酒造りミニ体験を、復興住宅の「あおい地区」では

  90分のミニ・コンサートでは、お出で頂いたお客様にも一緒に歌って頂き、
  お楽しみ頂きました。その後、地区役員のみなさんとの昼食会があり、貴重な
  お話を聞かせて頂きました。
  引き続き「野蒜地区」を訪問、壊滅状態になった地域を5名に役員の方を交えて
  見学させて頂きました。この方達も全員家を亡くし、家族や親族を亡くしたとの
  ことでした。野蒜市民センターで歌の絆の会から311募金を自治会長さんにお渡し
  させて頂きました。 
  
  

演奏会

★第18回定期演奏会(2018/04/21)
   
   
   日時:2018年4月21日 14:00〜16:00
   会場:磯子公会堂大ホール
   内容:第1ステージ ”仲間たちに乾杯!
                  〜欧州の名曲より〜
      第2ステージ 男声合唱組曲「木下杢太郎の詩から」
      第3ステージ アラカルト「さて、男というものは」
      第4ステージ 男声合唱とピアノのための 時代
              〜ニューミュージックと呼ばれた歌たち〜
  悲しいお知らせですが、多田武彦先生が昨年(2017年)12月のご逝去されました。
  多田先生には2005年11月から10年余に亘りご指導頂くと共に、団の歌を2曲作曲して
  頂くなど大変お世話になりました。長い間の先生の教えを胸に、感謝の心を持って
  これからも歌って行きたいと思います。
   第1ステージは「Vive la Compagnie! 仲間たちに乾杯!」と題して、
  Beati mortui、U boi などヨーロッパの名曲を黒澤良二、第2ステージは、
  木下杢太郎 作詩、多田武彦 作曲の男声合唱組曲「木下杢太郎の詩から」を
  矢原昭人、第3ステージはアラカルト・ステージ「さて、男というものは」を
  井上毅、そして第4ステージは信長高富編曲による「男声合唱とピアノのための
  ”時代”」を清水一成の指揮、山崎朱紀子のピアノでお届けし、4人の個性あふれる
  ステージをお楽しみ頂きました。という予定でしたが、第2ステージの指揮者・
  矢原昭人が演奏会直前にブラジルへ緊急出張となり、清水一成が代役を務め、
  無事に演奏会を終えることが出来ました。
   今回第4ステージで取り上げた組曲「時代」の中で歌った荒井由実「瞳を閉じて」
  は1974年長崎県立五島高校奈留分校の女子生徒がラジオの深夜番組に「校歌を作っ
  て下さい」と投書したのがきっかけで作られた曲として有名ですが、この曲誕生の
  きっかけとなった投書の女子生徒・侭田あつみさんが今回の演奏会に駆けつけて
  下さいました。
  
  


★結成30周年・第17回定期演奏会(2016/09/24)
   日時:2016年9月24日 14:00〜16:00
   会場:鎌倉芸術館小ホール
   内容:第1ステージ 世界の男声合唱曲から
      第2ステージ 男声合唱組曲「わがふるき日のうた」
      第3ステージ 30年目のヨッパライたち 
              〜お酒の歌を集めて〜
   結成30周年を迎え、5名でスタートした小さなグループが、40名を超える
  合唱団に成長したことを感慨深く思うとともに、これも私たちの演奏を聴いて
  下さるお客さま、関係者の皆様のお力添えのおかげと心から感謝申し上げます。
   第1ステージは、シーシャンティー、黒人霊歌、チャイコフスキーの歌曲など、
  第2ステージは、恒例の多田作品から三好達治の詩による「わがふるき日のうた」
  三好達治が何故戦争を鼓舞する詩を書かざるを得なかったのか、今の社会と
  重ね合わせて考えながら演奏させて頂きました。第3ステージは一ノ蔵言えば
  ”お酒”、30周年に相応しくお酒の歌ではじけさせて頂きました。
   今回もチケットの売上金の一部を東北東松島・熊本益城町などへ義捐金
  としてお届けさせて頂きました。
  

  

★第16回定期演奏会(2015/03/28)
   日時:2015年3月28日 14:00〜16:00
   会場:鎌倉芸術館小ホール
   内容:第1ステージ 男声合唱による世界の愛唱曲
      第2ステージ 平和な未来へ
      第3ステージ 男声合唱組曲「富士山」
      And More

 東北東松島・熊本益城町などへ義捐金
  としてお届けさせて頂きました。
 新しく8名の団員を迎え、今回は37名のメンバーによる演奏会 となりました。
 新メンバーの中の一人に若手声楽家清水一成がいます。彼は団員として、ヴォイ
 ス・トレーナーとして、そして指揮者としても。今回から4人の指揮者が登場し
 ました。第2ステージでは、女性サポーターの方達手づくりのリバーシブル・マ
 フラーが色を添え、「平和の琉歌」では三線による伴奏が加わりました。
  私たちが東日本大震災直後から支援を続けている東松島市矢本運動公園仮設住
 宅の自治会長を演奏会にお招きし、演奏会チケットの売上金の一部を義捐金とし
 てお渡ししました。私たちは皆様のご協力を頂きながら、仮設住宅が無くなるま
 で、支援を続けます。

  
 
  

 「平和の琉歌」では三線を入れて       仮設住宅自治会長
  

★フィリピン音楽旅行(2014/06/20〜24)

  マニラ在住の日本人による男声合唱団「マニラ・グリークラブ」の結成10周
 年を記念する「第10回ほろ酔いコンサート」に参加する機会を与えられ、歌っ
 てきました。
  2年前に私たちの合唱団で中心になって指揮者として活躍していた団員が転勤 でマニラに赴任し、マニラ・グリークラブに入団して活躍を始めたことがきっか けで、今回のコンサートに参加させて頂きました。
  演奏会場は、マニラ・ポロクラブといって、アーチェリーやゴルフ、そしてレ ストランやホールを併設した、100年の歴史を持つ会員制の、嘗ては上流社交場 だったと思われるところでした。
  演奏会は2日目(6/21)午後5時からスタート。入場料はフィリピン料理と 飲み物付きで500ペソ、日本円で1,200円程、400人ほどのお客さんでした。 最初にステージに立ったのは駐在員バンドの「マニラ・エクスプレス」で、日本 のヒット曲やダンスで会場を賑わせ、続いて若いママさん20人程のゴスペル隊 「ジョイフルボイス」が出て歌い、ステージ前では子供達がお母さんを応援する と言う微笑ましいものでした。3番目が私たち「一ノ蔵男声合唱団」。そして、 マニラ在住の女性合唱団「ラ・メール」の演奏。続いて主催者「マニラ・グリー クラブ」の演奏。最後に私たちも再びステージに上がって、男声合唱、混声合唱 と大いに盛り上がりました。そうそう、お客さんにお出しした飲み物には、私た ちが1本づつスーツケースに入れて持って行った日本のお酒「一ノ蔵」が提供さ れました。大好評だったようです。
  合間をぬっての観光では、米軍記念墓地、コレヒドール島日本人軍人墓地、マ ニラ大聖堂で平和の願って「Ave Maria」を歌いました。米軍記念墓地では、た またま居合わせた80代と思われるアメリカのご婦人からアンコールを求められ 、もう一度歌いましたが、、ご婦人が涙を流しておられました。多分ご遺族の一 人マモでしょうね。平和を願う気持ちはみんな一緒なのでしょうね。
            
  ♯演奏会場と翌日現地「まにら新聞」に掲載された記事
    
  
  ♯演奏会風景
    
  
  ♯マニラ大聖堂と米軍記念墓地ドームにて
    
  
★第15回定期演奏会(20130615

  日時:20130615 14001600
会場:鎌倉芸術館 小ホール
内容:第1ステージ グリークラブアルバムより
    第2ステージ 東北地方民謡曲集
    第3ステージ 多田武彦「海に寄せる歌」
    And More


恒例の打ち上げパーティー

第14回演奏会(結成25周年)以前の活動は以下のHPをご覧下さい。
http://www.asahi-net.or.jp/~yj4a-yhr/ichinokura/index.html へのリンク


一ノ蔵ツアー

〇 一ノ蔵ツアー2017 金龍蔵訪問(2017/3/11〜12)
  今回のツアーは、宮城支部から4名の参加を得て、総勢25名。
 途中、金成ハリストス教会に立ち寄り、ここで喉慣らしをしてから
 金龍蔵へ。金龍蔵では(株)一ノ蔵の桜井会長、鈴木社長、照井杜氏、
 熊谷顧問に出迎えて頂きました。
  この日(3/11)は奇しくも東日本大震災から丁度6年目に当たり
 ました。桜井会長からは6年前の震災当時の状況などをお話頂き、
 現在も復興支援に力を入れていることが報告されました。酒蔵見学
 途中の14時46分、市内に鳴り響くサイレンに合わせて全員で1分間
 の黙祷を行いました。
  前回に続き今回も花山温泉の温湯(ぬるゆ)山荘に宿泊。翌日は
 由緒ある「旧有備館」の庭園を楽しみ、「感覚ミュージアム」では
 中庭に向かって一曲演奏させて頂きました。
  今回も参加した皆さん飲みっぱなしでしたね。帰りに山手線内で
 寝込んでしまい、3周してしまったツワモノがいたとか。
 来年は25周年、本社蔵でのイベントが計画されているようです。
 お楽しみに!
 

 

○ 第23回一ノ蔵ツアー(2016/03/12〜13)
  今回は初参加5名を含む総勢22名で「金龍蔵」を訪問しました。
 新幹線でくりこま高原駅まで、そこから貸切バスに乗りあやめ公園
 へ。
  昼食後、この公園内にある縄文遺跡の方へ行くとトンネル型の
 オブジェを発見。歌が好きなみんなが考えることは皆同じ、「響き
 そうだな。一曲歌ってみよう。」となり、トンネルの中でいつもの
 ように合唱を楽しみました。
  この後、いよいよ金龍蔵へ向かいます。到着すると鈴木社長を始
 め多くの方々に出迎えて頂き、合唱団と一ノ蔵の歴史と言うか深い
 絆を感じました。
  酒造工程を説明してくれたのは照井杜氏。南部杜氏では知る人ぞ
 知る名杜氏。
  蔵見学の後は待ちに待った試飲会、PBと書いた紙がテープで貼
 られただけのお酒が飛びぬけて美味しいと感じたのは私だけでしょ
 うか? お礼に歌まで歌わせて頂きメンバーはとても幸せでした。
                          (牧野)

 
 

○ 20152425 第22回一ノ蔵ツアー
  恒例の一ノ蔵ツアーには、団員13名、女性6名が参加。両日とも晴天に恵まれ 、東松島市・矢本運動公園仮設住宅訪問演奏、矢本第一中学校訪問、復興新装な った奥松島・民宿ちどり館でのご馳走尽くし・歌尽くし、第22回一ノ蔵・蔵開 放まつり 参加と盛沢山な旅でした。
  仮設住宅の集会室では小野自治会長らが出迎えてくれ、一ノ蔵男声合唱団がエ ール、斉太郎節などを披露し、小グループ「TAME」の演奏もあり、また、集ま った皆さんとも一緒に春にちなんだ唱歌などを合唱しました。そのあと、いくつ かのグループに分かれて集まった皆さんと懇談しました。そこではみなさんの今 の本音のお話を伺うことが出来ました。この後、矢本第一中学校に向かい、横浜 の4つの合唱団仲間で作っている「歌の絆の会」から楽器を贈った吹奏楽部から 返礼の演奏があり、4つの合唱団への寄せ書きを預かりました。
  真新しい民宿ちどり館では、夕食までの間思い思いに散策、あの津波でも言い 伝えを活かして死者を出さずに済んだと言う奥松島・宮戸島の夕日を眺めました 。夕食は食べきれない程の新鮮な海の幸、一ノ蔵のお酒がつぎつぎと空いていく のはいつもと同じ光景でした。
  翌日、宿のバスで一ノ蔵本社蔵まで行くとすでに蔵開放まつりを待つ人で一杯 でした。私たち合唱団は開会式の直後にステージに上がり乾杯の歌「アインプロ ージット」で祭りの口火を切りました。ステージではいろいろなアトラクション が続きますが、あまりの人出でお酒の試飲を待つ行列や食べ物を買うにも長蛇の 列で、飲み足りない人もいたのでは?実は、工場見学の終点で生酒を振る舞って いたので、そこで無尽蔵に飲めると言う裏技もあったのですが・・・・・。
 2日間、いろいろと見、聞き、そして飲み、(T2 石田記)

 ♯東松島市・矢本運動公園仮設住宅にて  

 ♯矢本第一中学校にて

 ♯一ノ蔵本社蔵・蔵開放まつり


○ 201420102 第21回一ノ蔵ツアー
   
  恒例の一ノ蔵ツアー、今回は栗原市にある「金龍蔵」を訪問。
  総勢25名の参加でした。
1日目は、くりこま高原駅を降りて、渡り鳥の越冬
 地として有名な「伊豆沼」へ立ち寄り、そのあと「金龍蔵」を訪れました。金龍
 蔵はすべて南部杜氏の伝統的な製法による酒づくりが大きな特徴です。蔵見学の
 後の利き酒では、ここで造られているお酒を一通り飲ませてもらい、お酒の好き
 なメンバーみんな大満足。私たちは合唱でお返しをさせて頂きました。

 このあと、秋田県に通じる関所・寒湯番所跡に隣接する“花山温泉 温湯山荘”に
 一泊。

  2日目。朝、目を覚ますと雪で一面真っ白。この日はここ花山村で生まれた
 とされる幕末の剣豪・千葉周作ゆかりの孤雲屋敷、栗原市出身の大正初期日本詩
 壇を代表する民衆詩派の詩人、白鳥省吾(しろとりせいご)記念館などを見て回
 りました。記念館に併設された市立図書館の庭で合唱し旅の締めくくりとしまし
 た。

 
 

○ 201311920 第20回一ノ蔵ツアー(本社蔵訪問)

 

○ 2011110506 一ノ蔵東日本大震災被災慰問ツアー
            本社蔵訪問
            宮城県東松島市矢本運動公園仮設住宅訪問、
            チャリティー・コンサート:瑞巌寺、仙台街頭


社会参加活動・交流

2017年

 静岡パパさんコーラスと交流を始めて20周年
   去る9月2日、台風15号で荒天が心配される中、静岡から7名の
 パパさんコーラス・メンバーが横浜へ来て下さいました。お昼頃
 横浜駅着、先ずは昼食と言うことでスカイビル27階へ行き、再会
 を祝してビールで乾杯、パパさん・メンバーご持参のペットボトル
 入り静岡茶ならぬ静岡銘酒で乾杯。その後、シーバス号で山下公園
 へ行き、そこから横浜観光を楽しんで頂きました。
  夕方5時に居酒屋「一ノ蔵」で待ち受けていた一ノ蔵男声合唱団
 メンバーと合流し、大交流会スタート。交流20周年を祝って乾杯!
 乾杯!飲み且つ歌い、歌い且つ飲み(お分かり頂けますよね。風景が
 見えるでしょ。)盛大に旧交を温め合いました。あっという間の2時
 間、帰静のパパさん・メンバーと再会を期して固い握手を交わし
 交流会を終えました。

 

2016年

○ 牧田総合病院フロアコンサート 今年で9回目となりました
                     (2016/12/10)
 
 大森の本院で始まったこのコンサートは2012年から新設された蒲田
  分院へ移り、今年で9回目となりました。今年は総勢34名で訪問させ
  て頂きました。今回は3階と2階それぞれで演奏しました。
   昨年までは3階では各病室で寝たままお聞き頂いていましたが、
  今年は是非歌っている人の姿を見ながら聴きたいとのお話を頂き、
  ベッドや車いすでナースセンター前にお集まり頂いて歌わせて頂き
  ました。これまで以上に心を通わせて歌うことが出来ました。
   2階では会場いっぱいにお集まり下さって、熱心にお聞き下さい
  ました。私達の演奏の後、会場の皆さんと一緒に「上を向いて歩こう」
  や「北国の春」などを歌いました。皆さんの熱唱でした。
   最後に院長のご挨拶があり、「団歌(エール)で”人と人と人と人と”
  の歌詞がありましたが、当病院のロゴマークも人と人が寄り添っている
  姿を姿を現しているんですよ」との嬉しいお話がありました。

  


○ 今年も介護老人保健施設スカイで訪問演奏会(2016/10/23)
 
 10月23日(日)スカイを訪問させて頂きました。私達の訪問演奏を
  楽しみにして下さっている入所の方々や職員の皆さんの前で、日ごろ
  の練習曲を披露させて頂きました。また、小アンサンブルTAMEの
  きれいなハーモニーもお楽しみ頂きました。恒例により、私達の演奏
  の後に、みなさんと一緒に懐かしい唱歌や歌謡曲を歌い、楽しいひと
  時を共にさせて頂きました。
  


 静岡パパさんコーラス「竹の子まつり」に参加(2016/4/17)
  恒例で隔年に行われる「竹の子まつり」に私達一ノ蔵合唱団からは
 11名が参加させて頂きました。
  この日の天気予報は雨、新幹線で静岡に近づくと共に雨と風が激し
 くなりちょっと心配。でも、いつも通り団長さん以下3名の方が静岡
 駅で出迎えて下さいました。
  会場は、雨と言うことでいつもの竹の子山の少し奥、梅園としても
 有名な500年の歴史のを有する曹洞宗寺院「洞慶院」のはなれ。
 私達一ノ蔵のメンバーが会場に入ると、パパさんコーラスのみなさ
 んの「歓迎の歌」で出迎えて下さり、一同大感激、忘れられぬ思い
 出となりました。
  宴会では静岡地産の桜海老、おでん、そして筍づくしを振る舞って
 頂きながら、バンド演奏、合唱の交歓、歌談義などなど、お酒は
 静岡の地酒と一ノ蔵を頂きながらご満悦のひとときでした。
  雨が小雨になった時パパさんコーラスの人から竹の子堀りお声が
 掛り、4名の強者が挙手。泥に塗れながらのお宝堀り、大きな筍を
 手にして大満足。帰りにはパパさんのみなさんが予め用意して下さ
 った茹でた筍をお土産に頂いて帰路に着きました。
  静岡パパさんコーラスのみなさんには心より感謝申し上げます。
 有難う御座いました。(江川)
 

○ 一ノ蔵男声合唱団30周年感謝の集い(2016/3/26)

  2016/3/25一ノ蔵男声合唱団は目出度く結成30年を迎えることが
 出来ました。これは団員一人ひとりの熱い想いと、団員の家族始め、
 ご指導頂いた先生方、ピアニストの方々、サポーターのみなさま、
 そして何より演奏会に来て下さるお客様に支えられて、この日を
 迎えることが出来、感謝の気持ちでいっぱいです。
  30年続けて来られたもうひとつの理由は、”一ノ蔵らしさ”を大切に
 してきたことではないかと思います。それは「銘酒一ノ蔵」を友と
 し、「素晴らしい仲間」と「アマチュアリズムに則った自分たちの
 音楽づくりをしている」ことです。
  今年、団員は43名と結成以来最多のメンバーの男声合唱団に成長
 してきました。パート毎のバランスの良く、結成当時の5名からは
 想像も出来ません。何よりも嬉しいのは平均年齢以下の方々の入団
 で少し若返ったことです。団の成長を喜ぶとともに、このことを質
 の成長に繋いで行き、お客さまにお楽しみ頂ける演奏をつくって参
 りたいと、団員一同頑張っています。
 

○ 2016年「木のぼりコンサート」に参加しました。
  2月11日(祝)大倉山記念ホールにて行われました。今年はタイト
 ルが「梅の花咲く大倉山で、みんなのTAME&ハマ音の木のぼり
 コンサート」と言うことで、コンサートの前半に”TAMEの還暦コ
 ンサート”あり、その後わが一ノ蔵男声合唱団始めハマ音関連のメン
 バーが参加しました。因みにTAMEは、ハマ音出身メンバー9人に
 よる小アンサンブルです。
   当日は、まさに梅の花が三分咲きの暖かい春の日の開催となりま
 した。ホールでは、独唱、ピアノ演奏から30名の男声合唱まで、
 実に14団体が3時間に亘り演奏を繰り広げました。演奏後は勿論
 アレです。大倉山駅近くの居酒屋に70名ほどが集まり、賑やかに
 反省会を執り行いました。来年も木に登るぞ〜!

  

2015年

 ○ 蒲田・牧田総合病院でのクリスマス・コンサート(2015/12/19)

   牧田総合病院でのクリスマス・コンサートは今年で8回目。当初は大森の
  本院で行っていましたが、蒲田に分院が新設されてからはこちらでやるように
  なり、今年で3回目となります。総勢30名でお邪魔しました。
   先ず、3階の療養病棟でクリスマス・キャロルを2曲と斉太郎節を演奏、患
  者さんは病室から出て来られないため、お聞き下さる方のお姿が見えない中で
  の演奏は貴重な体験でした。
   そのあと2階に下りて既にお集まり頂いていた皆様の前で45分ほど歌わせ
  て頂きました。院長さんからは「アフリカの歌からミュージカル、日本民謡ま
  で、実に幅広い歌を聴かせて頂き感動しました。」とのお言葉を頂きました。
   最後は会場のみなさんと歌うコーナー。「北国の春」「ふるさと」など、目
  頭を押さえながら歌う皆さんの姿が印象的でした。「また来てねー!」との掛
  け声を背にして会場を後にしました。
  


 ○ 鶴見・平和病院訪問コンサート 15回目となりました
                        (2015/11/21)
   
11月21日、今年も恒例の訪問コンサートをさせて頂きました。平成23年に
  新しい病院に移転してから5回目となります。平和病院は終戦の翌年昭和21年
  設立以来、地域に根差した病院として地域医療と介護の要としての役割を果し
  てこられたとのこと。当合唱団のメンバーであるハマ音団長が鶴見在住と言う
  ことで、平和病院から入院中の方々やそのご家族のためのクリスマスコンサー
  トをとのお話を頂き実現したものです。当合唱団にとってもこれが訪問演奏会
  の始まりとなりました。
    今回は来年の演奏会に向けて練習中の曲や皆さんご存知の唱歌・民謡などを
  ご披露し、その後は会場のみなさんと一緒に良くご存知の歌を唄わせて頂きま
  した。やはり歌うことは誰にとっても元気の源、とても楽しんで下さいました

  

 ○ 今年も介護老人保健施設スカイへ
            訪問演奏にお邪魔しました(2015/10/11)

   
毎年、入所されている方々やスタッフの方々が、わが合唱団の訪問コンサ
  ートを楽しみにして下さっています。今年も日頃練習している男声合唱を披露
  し、会場のみなさんにたいそう喜んで頂きました。また、会場のみなさんとも
  一緒に歌い、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。良い演奏会となりまし
  た。また来年も来て欲しいと言われ、私たちもそれを楽しみにしています。
  


 ○ 
東日本大震災復興チャリティーコンサート
   
Do it〜伝えたい、未来へ紡ぐ音の架け橋2015』に参加しました!
                         (2015/9/20)
    
9月2日(日)14:00から横浜市従会館で行われました。このコンサートの
   雰囲気を知って頂くために、以下に主催者のブログの一部を転載させて頂き
   ました。
    あれから4年経った今を、歌を通じて音楽を通じて皆さんと感じ考える時
   間にしようと思って企画し、今回もたくさんのお客様に支えられ、無事に終
   演を迎えることが出来ました。
    今回は【いま、子ども達と考えるチャリティー】がテーマ。
   中学・高校生の合唱部の参加もあり、若い瑞々しい歌声が響きました。
   また、一ノ蔵男声合唱団の年輪を感じさせる円熟した歌声、国籍を超え、共
   に奏でた【Believe】そして【群青】。心から楽しませて戴きました。心の
   伝え方を改めて教わった気がします。
    義援金も総額¥84,955を頂戴しまして、キリ良く¥85,000にして、全額
   これまた復興活動にご尽力されている≪Harmony for JAPAN≫に寄付してま
   いりました。快くオファーを受け、そして素晴らしい時を奏でてくれた出演
   者の皆さま、関係者各位、そして何より足を運んで下さったお客様に、心か
   ら感謝申し上げます。
    

 ○ 神奈川男声合唱協会 第12回演奏会に参加(2015/9/19)
   
1994年に発足した神奈川男声合唱協会(KAMCA)南地区の演奏会
   にお誘いを受けて参加させて頂きました。9月19日(土)13:30から磯子公
   会堂で
5つの合唱団が歌いました。各合唱団が4〜6曲演奏した後には合同演
   奏があり、180名ほどの男性による大合唱で「希望の島」「いざ起て戦人よ
   」が歌われま した。当合唱団はこのような催しには参加しないで、自分た
   ちの演奏会一筋で やってきていますが、この演奏会に参加させて頂き、と
   ても良い経験となりした。


2014年


   12/13 第7回 牧田総合病院フロアコンサート
     東京・蒲田にある牧田総合病院・蒲田分院を訪問し、恒例となったクリス
   マス・コンサートを行いました。当初は大森の本院で行っていましたが、今
   年は昨年に引き続き療養とリハビリを兼ねている蒲田分院でのコンサートと
   なりました。
    コンサートは3階と2階の2ステージ。先ず、3階フロアではベッドを離
   れるのが難しい方々に向けて廊下で歌い、病室のドアを開けて聞いて頂きま
   した。その後2階に移り、患者さんとご家族の方々のお集まり頂いたフロア
   での演奏会となりました。私達の演奏を熱心に聞いて下さり、最後にはみな
   さんと一緒に「ふるさと」を歌い気持ちがひとつになったことを感じること
   が出来ました。有難う御座いました。

    
  ○ 10/19 第13回 横浜 スカイ訪問コンサート 
     横浜市保土ヶ谷区にある介護保険施設「スカイ」を訪問し、秋のコンサー   トを行いました。今年で13回目となり、すっかり恒例の演奏会となりまし   た。約1時間の小コンサートでしたが、日頃の私達の練習の成果を披露させ   て頂くとともに、昔なじみの童謡や歌謡曲なども織り交ぜながら、会場のみ   なさんと一緒に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
     なかでも感激したのは、会場のみなさんが私達の歌に合わせて、手拍子を   打ったり、体を揺らしながら、リズムを取って音楽を楽しんで下さり、感動   を共有出来たことでした。これこそ、小さな音楽会ならではの醍醐味である   と共に、本来私たち音楽を楽しむ者がが一番大切にすべきことでないかと思    います。
     コンサートが終わった時、あるご婦人から「今日は死にたいと思うよな辛   いこともあったけど、このコンサートがあって本当に良かった。次は来年の   秋と言わずに、来春に来て下さいね。」と言われ、とても嬉しく思いました   。本当に有難うございました。
   

  ○ 7/26 第14回 鶴見 平和病院コンサート
     平和病院コンサートも回を重ね、今年で10年目14回となりました。10
   年前の2004年は1月に79年ぶりに山口で鳥インフルエンザが発生し不
   安なスタートでしたが、8月のアテネ五輪では金メダル16個と大いに盛り
   上がった年でした。
    2004年は一ノ蔵男声合唱団にとってもとても記憶に残る年で、5月に
   カナダへの音楽旅行が行われた年でした。そして、6月に第1回平和病院コ
   ンサートが行われ、9月に第10回定期演奏会、11月に再び第2回平和病
   院コンサー卜が行われました。
     さて、今年のコンサートのお客様は入院中の患者さんとそのご家族のみな
   さん50名ほど。 私たち合唱団からは「ゆうやけこやけ」「AveMria」「斉
   太郎節」など7曲、ピックアップ・メンバーによる”Gカルテット”から2曲
   を歌い、そのあとは恒例のお客様との唱歌、歌謡曲の大合唱となりました。
   


  ○ 4/13 静岡パパさんコーラスの竹の子祭りに参加
     静岡パパさんコーラスでは恒例(1年おき)の竹の子祭りが行われ
    当合唱団から20数名参加、総勢50名ほどの大イベントとなりました。
   みなさん急斜面の竹やぶで使い慣れない鋤を使って筍の掘り起こしに大奮
   闘、期待以上のサイズに感動。パパさんコーラスのみなさんによる鮪や鰹の
   解体ショー、そうめん流し、傘の茶碗や枡回し・玉ずだれショー、歌の交歓
   などなど大いに盛り上がりました。
   静岡パパさんコーラスの皆さんに感謝感謝です!
    
    

  ○ 3/16 チャリティー収益金で東松島市の中学校へ楽器贈呈
     当合唱団の参加している横浜歌の絆の会は東日本大震災以来、宮城県の
   東松島市に対して復興支援活動を続けています。昨年11月にベルリン・
   フィルの弦楽奏者8名のご好意でチャリティー・コンサートが行われ、
   その収益金で東松島市・矢本第一中学校に被災で失った楽器を贈呈する
   ことになり、3月16日に同中学で行われたスプリング・コンサートに
   合わせて贈呈式が行われました。この贈呈式では、ベルリン・フィル8名、
   主催者の方々の思いをお伝えし、また先方の教育委員会・副校長・顧問の
   先生・生徒さんなどの喜びの気持ちが随所に感じられる有意義なイベント
   でした。
   


  ○ 2/23 第2回横浜・一ノ蔵友の会に参加
   
昨年に引き続き、桜木町の一ノ蔵で行われた「一ノ蔵友の会」に合唱で
   参加。”エール””希望の島””いざ起て戦人よ”などを演奏しました。


2013

○ 1214  牧田総合病院クリスマス・コンサート
今年で6回目となります。 今回は新しく出来た蒲田分院を訪問しました。

○ 1130 静岡パパさんコーラス結成50周年演奏会訪問
 17年ほど交流を重ねている静岡の男声合唱団の演奏会に行ってきました。結成50年記念と言うことで、50年の歴史を振り返る寸劇の入ったとても楽しい演奏会でした。そのあとの打ち上げパーティーにも参加し大いに盛りがりました。

〇 1006 SKYコンサート
 介護老人保健施設スカイでのコンサートは12回目となります。みなさんこの演奏会を心待ちにして下さっているので、私達も楽しく歌わせて頂いています。 今回も最後には懐かしの歌謡曲をみなさんと一緒に歌い盛り上がりました。

○ 924 宮崎ケアプラザデイケアーコンサート
 今回で4回目となりました。定例になりそうです。

〇 9/8 女声合唱団「黎明」第8回演奏会に賛助出演

〇 824 ハマ音夏のつどい「第25回白馬コンサート」に出演
 毎年8月最後の日曜日に開催される歴史のあるコンサートに初めて出演。地元長野県の合唱団を中心に、静岡、埼玉、東京、山梨の合計21団体との大交流会は圧巻でした。

〇 727 鶴見平和病院コンサート
 今回で13回目となりました。 この平和病院は社会参加として始めた最初の病院コンサートでした。 

216 横浜・一ノ蔵友の会(第1回)
 (株)一ノ蔵と居酒屋一ノ蔵(桜木町)の共催による、第1回「横浜・一ノ蔵を友の会」に参加。昼の席、夜の席それぞれに参加、大いに飲み大いに歌いました。

○ 120  男の合唱まつりinみやぎに参加
 地元宮城県の男声合唱を中心に毎年開催されており、今年で14回を数える。宮城県外の合唱団としてずうずうしくも(株)一ノ蔵との縁と、東日本大震災支援の意味を込めて横浜から特別参加させてもらった。


2012年

○ 1223 SKYクリスマス・コンサート

○ 1208 牧田総合病院クリスマス・コンサート

○  924 宮崎ケアプラザ デイサービス 合唱参加

○  901 25周年記念誌発行

○  82425 宮城県東松島市仮設住宅訪問演奏会 参加

○  721 鶴見平和病院コンサート

○  422 ハマ音木のぼりチャリティー・コンサート 参加

○  415 静岡パパさんコーラス たけのこ刈り会 参加

2011

○ 1225 SKYクリスマス・コンサート

○ 1210 牧田総合病院クリスマス・コンサート

第14回演奏会(結成25周年)以前の活動は以下のHPをご覧下さい。
http://www.asahi-net.or.jp/~yj4a-yhr/ichinokura/index.html


その他


一ノ蔵男声合唱団